胸を大きくするためには、運動、生活習慣の他に食事も重要です。バストアップに効果のある食べ物を調べてみましたので、参考にしてみて下さい。

たんぱく質

たんぱく質は、筋肉、肌、髪など体を作るために欠かすことのできない栄養です。また、たんぱく質は、ホルモンの原料にもなっているため、女性ホルモンの分泌を促すためにも普段の食事からたんぱく質をしっかり摂ることが必要です。たんぱく質の中でも大豆製品は、イソフラボンが豊富に含まれているため、エストロゲンという女性ホルモンを増やすことが期待できます。エストロゲンは、乳腺を増殖させる働きをしてくれます。しかし、イソフラボンを摂取し過ぎると女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。イソフラボンの1日の摂取量は、40~50mgが目安となっています。また、たんぱく質は筋肉の維持や増強にも重要な栄養です。大胸筋を鍛えるためには、質のよい肉や魚をバランスよく食べることが大切です。他にも、ハトムギはたんぱく質だけでなく食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれているので、ご飯に混ぜて食べるとよいとされています。

ビタミン類

イソフラボンを増やすと、エストロゲンという女性ホルモンが増えると言われています。しかし、イソフラボンだけ増やすとプロゲステロンという女性ホルモンのバランスが崩れて逆効果となります。プロゲステロンは、乳腺の発達に欠かすことのできないホルモンです。プロゲステロンのバランスを取るためには、イソフラボンのようにピンポイントで効果を発揮する食べ物はありません。そのため、エストロゲンを増やすためには、バランスの取れた食事を摂ることがポイントとなります。ビタミンEは、美肌だけでなく脳下垂体、卵巣、副腎などをサポートしてくれます。

ボロン

キャベツに多く含まれているミネラルの一種ボロンは、エストロゲンを増やすだけでなく、胸の脂肪を増やす効果があります。加熱に弱いので、生で摂取して下さい。スムージーにすると、ミキサーで栄養が減少してしまう恐れがあるので気を付けましょう。ボロンは、キャベツだけでなく大豆やリンゴなどにも含まれています。

酢たまねぎ

血液をサラサラにしてくれる酢たまねぎは、高血圧の人が食べると血圧が安定するというイメージがあります。しかし、酢玉ねぎには、他にも便秘や不眠を改善する効果があります。酢玉ねぎによって血液がサラサラになると、腸内環境が整って栄養の吸収が良くなったり便秘が改善されて、胸に栄養が届きやすくなります。また、質の高い睡眠は成長ホルモンの分泌を促して、乳腺を発達させると言われています。