垂れた胸をどうやってなおし方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胸が垂れてくる原因は、ダイエット、生活習慣の乱れ、出産、加齢など様々です。誰でも簡単に実践できる垂れた胸の改善方法をご紹介します。

リンパマッサージ

胸が垂れてくる原因の1つに、胸に溜まった老廃物が挙げられます。鎖骨周辺には、リンパが集まっています。鎖骨の上から脇に向かってリンパを流すことで、溜まった老廃物がリンパ管に流され排出します。

乳腺を刺激するマッサージ

乳腺は、乳化を持つ組織のことで、胸の張りや大きさに関係します。胸を円を描くように優しくマッサージするだけです。正しいやりやかたは、YOUTUBEなどでアップされている動画で確認しながら行って下さい。力を入れる必要はなく、お風呂から上がった血行の良い時に行うと効果的です。また、マッサージする時には、オイルやクリームを使うと美肌効果も狙えます。

ホルモンバランス

乳腺は、女性ホルモンの働きにより発達します。乳腺をマッサージしても女性ホルモンが乱れていたら意味がありません。大豆製品を摂取したり、バランスの取れた食事を心がけることでホルモンバランスを整えましょう。

血行改善

冷え性や貧血気味の人は、体を温めて血流を改善することで胸に栄養が届きやすくなります。体を温める食べ物を食べる、湯船で体を温める、運動をすることはとても有効な方法です。ダイエットで糖質を制限し過ぎると、体のエネルギーが不足して血行が悪くなります。白米を食べて太るのを気にしている人は、食物繊維の多い玄米に切り替えてみましょう。

筋トレ

猫背になると胸筋が縮こまってしまいます。胸の張りの鍵となる大胸筋と小胸筋を鍛えることで、垂れた胸を上向きへと改善することができます。大胸筋を鍛える場合は、腕たせ布施が有効です。体力のない人は、膝を着いた状態で行っても大丈夫です。しかし、筋肉量が少ない人は、腹筋、背筋など体全体の筋肉を増やしていかないと正しい姿勢が保てません。普段から女性用の加圧シャツを着用して筋肉が付きやすくなるようにしてみましょう。また、猫背の人は骨盤が歪んでいる可能性もありますので、骨盤矯正のストレッチも併せて行うことをおすすめします。

専用クリーム

ボルフィリンとアディフィリンは、塗った箇所の脂肪を増殖させるため、胸を大きくする効果が期待できます。ボディフィリンは、自然由来の成分で、アディフィリンは科学的に作られたものですが、どちらも重篤な副作用の心配はありません。無理なダイエットや卒乳で胸が下垂してしまった場合に、ボルフィリンかアディフィリンが配合されたクリームを使用すると胸に張りが出てきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。